上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の地震で被害の多かった瓦屋根を分析すると決して瓦が地震に弱いわけでは無いという事も分かってきています。
瓦はシッカリと留めつけて施工すればこの地震にも十分耐えます。 現に無傷の家のほうが多いという事実がそれを証明しています。 瓦が壊れた住宅の隣家は無事であったりします。 家の耐震性や地盤不良に瓦の施工不良(旧工法)が重なった場合に被害が発生します。 住宅の津波被害は防ぎようが無いことは言うまでもありませんが、地震に対しては耐震工法防災工法で防げるのです。
瓦が悪いんじゃ無いのです。 施工法によるのです。
下の写真のように棟に芯木を入れて熨斗瓦はお互いに緊結します。
全瓦連ガイドライン 棟工法

最終的には丸瓦をこの芯木に長いビスで固定します。
全瓦連ガイドライン 棟工法




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。